Verite La Muse 2009

商品コード: VLM-MLS-2009

¥56,000

在庫17個

WINERY
VERITE
WINE MAKER
Pierre Seillan
APPELLATION
100% Sonoma County
COMPOSITION
85% Merlot9% Cabernet Franc5% Malbec1% Cabernet Sauvignon
BARREL AGING
Aged in 100% new French oak
BOTTLE DATE
-
PP(WAポイント)
96+
NOTE
2009年のラ・ミューズ(86%メルロ、9%カベルネ・フラン、5%マルベック、14.5%アルコール)は、アジアのプラムソース、イチジク、ブラックカラント、ホワイトチョコレート、杉の複雑で強烈なノートを提供する大ヒット作です。ワインは、フルボディ、不器用な食感、そして上に行かない超熟度と豊かさと一緒に食感と豊かさの余分なレベルを明らかにします。タンニンは目立っていますが、新しいオークと酸味と同様によく統合されています。この大きな、バックストラップ、メルローベースのワインは、長期的なセラーリングのためのものです。ボトルに4〜5年を与え、次の30年間それを楽しみます。これは、故ジェス・ジャクソンの小さくて高品質の不動産のポートフォリオのフラッグシップ、豪華な、世界クラスのワイナリーです。ジャクソンはボルデレー・ピエール・セイランがこれらのワインを作るためにサン・テミリオンからカリフォルニアに来るように説得し、ヴェライトは10年以上にわたり古典の一つでした。ラ・ミューズ・キュヴェは、ポメロールスタイルのワイン、ラ・ジョワ・ア・メドック、ル・デシール・ア・サン・テミリオンを表しています。これらは、通常、ボトルの年齢の5〜10年を必要とし、少なくとも30年間老化することを意図している長期的な、集中した、タンニックな努力です。2012年代は素晴らしい可能性を秘めています。3つのキュブのどれが最高級であるかを決めることはほとんど不可能ですが(おそらくあなた自身の個人的な文体の偏見に依存します)、アルコールは14.1%から14.3%の範囲のトップカリフォルニアヴィンテージでは正常です。明らかに、2011年ははるかに挑戦的なヴィンテージであり、ワインは間違いなく成功していますが、このヴィンテージでさえも反映しています。ピエール・セイランは、収穫が非常に遅く、これらのキュヴェを作成するためにブドウ園とワイナリーの両方で膨大な量の選択が必要だったと私に言いました。小さな作物を持つ比較的涼しく、晩年の2010年のヴィンテージは、ブドウ園とワイナリーの両方で細心の注意を払った作業と同様に、途方もない選択プロセスを必要としました。3つの製品はすべて、若いヴェライトワインにとって驚くほど親しみやすいことが判明しました。2012年に匹敵し、おそらく2013年に達成されたものは2009年に匹敵するヴェライトのための素晴らしいヴィンテージです。セイランが望むヴィンテージタイプだった?タンニンの高い、抽出物が高く、3つのキュベスすべてで信じられないほどのアップサイドポテンシャルがあります。2009年代は、このレポートでレビューされた4つのヴィンテージの中で最も後ろ向きで強力です。アルコールは14.5%から14.6+%の範囲であった。 フランス語の"真実、"ヴェリテのワインは、古い世界の経験と新しい世界の果物の合流から生じる。それぞれが小さなブドウ園のブロック(マイクロクリュ)から収穫された別個の成分のアマルガムであり、ブドウ品種、気候、土壌博覧会、ワイン造りの技術の収束を慎重に検討しています。ヴィグネロン・ピエール・セイランは、この接続詞をドロワ・デュ・ソル、"土壌の右と呼びます。 The 2009 La Muse (86% Merlot, 9% Cabernet Franc and 5% Malbec; 14.5% alcohol) is a blockbuster offering complex, intense notes of Asian plum sauce, figs, black currants, white chocolate and cedar. The wine reveals an extra level of texture and richness along with full body, an unctuous texture, and a super ripeness and richness that does not go over the top. The tannins are noticeable, but well-integrated as are the new oak and acidity. This big, backstrapping, Merlot-based wine is meant for long-term cellaring. Give it 4-5 more years in the bottle and enjoy it over the following 30 years. This is the flagship, luxury, world-class winery of the late Jess Jackson’s portfolio of small, high quality estates. Jackson convinced Bordelais Pierre Seillan to come to California from St.-Emilion to make these wines, and Verite has been one of the classics for well over a decade. The La Muse cuvee represents a Pomerol-styled wine, La Joie a Medoc and Le Desir a St.-Emilion. These are long-term, concentrated, tannic efforts that usually require 5-10 years of bottle age, and are meant to age for at least three decades. The 2012s possess fabulous potential. It is nearly impossible to decide which of the three cuvees is the finest (it probably depends on your own personal stylistic predilections), but the alcohols are normal for a top California vintage, ranging from 14.1% to 14.3%. Obviously, 2011 was a much more challenging vintage, and the wines reflect that although they are unquestionably successful, even in this vintage. Pierre Seillan told me that the harvest was extremely late, and there had to be an enormous amount of selection done both in the vineyard and the winery to create these cuvees. A relatively cool, late-harvest year with a tiny crop, the 2010 vintage required a tremendous selection process as well as meticulous work in both the vineyard and winery. All three offerings have turned out to be surprisingly approachable for young Verite wines. A great vintage for Verite that rivals 2012 and probably what was achieved in 2013 is 2009. It was the type of vintage that Seillan desires ? high in tannin, high in extract, with incredible upside potential for all three cuvees. The 2009s are the most backward and powerful of the four vintages reviewed in this report. The alcohols ranged from 14.5% to 14.6+%. French for "truth," the wines of Vérité result from a confluence of old world experience and new world fruit. Each is an amalgam of distinct components harvested from small vineyard blocks (micro-crus), resulting in a carefully considered convergence of grape varieties, climate, soil exposition and winemaking technique. Vigneron Pierre Seillan refers to this conjunction as droit du sol, "right of the soil."